インフォネット、SBI証券で200株当選!

SBI証券で「インフォネット」が200株当選しました。

昨年4月に大和証券で「ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス」に当選して以来、1年ぶりのIPO当選です。
全株辞退したソフトバンク株の大量当選を除きますが、、、

sys303.JPG

今回はIPOチャレンジポイントを「444ポイント」使いました。
当選ラインの事前予想では420−450Pと出ていましたが、うまくはまってくれました。

インフォネット(4444)はマザーズ・小型・ネット系で初値高騰期待の銘柄です。

初値予想は4,400円(想定価格比: +3,050円)
200株なので、+60万円くらいになると、むちゃうれしいですね。




posted by IPO at 10:01 | Comment(0) | IPO 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SMBC日興証券、1000万円預金でIPO当選確率が5倍

大手証券会社のSMBC日興証券がダイレクトコースのIPOルールを変更しました。

このところ大和証券や松井証券もIPOルールを変更していますが、SMBC日興証券はどんな変更をしたのでしょうか?

結果的には、資金の余裕のある人にはメリットのあるルール変更でした。


今までのSMBC日興証券IPOルールは「一般投資家へ配分する量の10%を同率抽選」を行い配分していました。

一人一票の完全抽選で、申し込み枚数を増やしても当選確率は変わりません。
多く資金を持っている人でも、少ない資金の人でも当選確率は同じというルールでした。

SBI証券などは、多くの資金で多くの枚数をも申し込めば当選確率があがりますが、SMBC日興証券は資金の多少にかかわらず一人一票の抽選です。
資金の少ない人にとっては、ありがたい証券会社です。


今回は一人一票10%枠にステージ制5%枠が加えられました。

今まで同様にまずは10%を同率で抽選し、そこで落選した人がステージ制5%枠に回ります。

新ステージのために新たに5%分の抽選枠を設け、この5%分はステージが高い人ほど当選しやすくなるという仕組みです。

sys269.JPG

ステージは4つに別れ、一番下のブロンズステージは新規口座開設か250万円以上の預け入れている人が対象です。
判定は月末時点での金額で、3ヶ月の平均となります。

2番目のシルバーは1000万円以上の預け入れですが、導入当初の1ヶ月なら、資金をかき集めて預け入れできそうです。
これで当選確率が5倍になります。

このルールの導入は2月下旬だそうです。
今から準備しておけば3月からのIPOに間に合いそうですね。
posted by IPO at 11:25 | Comment(0) | IPO 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年のIPO利益はヒューマン・アソシエイツのみ

2018年のIPOでの利益は4月のヒューマン・アソシエイツ・ホールディングスのみでした。

利益額は、243,000円でした。

当選してくれた大和証券さん、ありがとうございました。

来年もお願いします。
posted by IPO at 10:10 | Comment(0) | IPO 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク株は全株辞退、良かったー

ソフトバンクは、結局、全株辞退しました。

初値は1463円の公募割れでした。

100株あたりー3700円の損失でので、全部もらっていたら、85100円の損失でした。

辞退してよかったー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソフトバンク(9434)の抽選結果がでました。

SBI証券 2100株
日興証券 100株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 100株

野村證券 200株補欠当選
大和証券 100株補欠当選

申し込んだ証券会社は当選か補欠当選でした。

SBI証券の2100株当選ということ見ると、ネット系はかなり余っているようです。

sys266.JPG


公開価格は1500円。

初値予想は1450-1550円と考えていましたが、最近の株安地合いやソフトバンクの通信障害などマイナス要素が出ていますので、15000円よりうえは難しいと思ってきました。

もう一つ重要な数字となりそうな引受価格は1,463.75円です。
公募割れを阻止するため、幹事会社が引受価格で買い支えたら「4,000円」程度の損失になります。

当選を辞退した場合、日興証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券はその後の抽選でペナルティがあるようですが、損失覚悟で申し込むのもなんだかなー。

もう少し思案してみます。
posted by IPO at 00:00 | Comment(0) | IPO 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【IPO】ソフトバンク(9434)が大量当選、、どないしょ

ソフトバンク(9434)の抽選結果がでました。

SBI証券 2100株
日興証券 100株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 100株

野村證券 200株補欠当選
大和証券 100株補欠当選

申し込んだ証券会社は当選か補欠当選でした。

SBI証券の2100株当選ということ見ると、ネット系はかなり余っているようです。

sys266.JPG


公開価格は1500円。

初値予想は1450-1550円と考えていましたが、最近の株安地合いやソフトバンクの通信障害などマイナス要素が出ていますので、15000円よりうえは難しいと思ってきました。

もう一つ重要な数字となりそうな引受価格は1,463.75円です。
公募割れを阻止するため、幹事会社が引受価格で買い支えたら「4,000円」程度の損失になります。

当選を辞退した場合、日興証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券はその後の抽選でペナルティがあるようですが、損失覚悟で申し込むのもなんだかなー。

もう少し思案してみます。
posted by IPO at 16:30 | Comment(0) | IPO 2018年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする